イキブロ

いっきの「生き方」探求ブログ。ライフハックメモ、カイゼン日記。そして初心なんかの恥ずかしいメッセージ。さあ、人生を再発見しよう。

2017年8月3日
by ikki
0 comments

iki0244|最大のルサンチマンは、優等生であること。

前々回の記事で(iki0242|バッドエンドが楽しめない)、というテーマで記事を書いた。 で、それを書いてみて思ったのは、やっぱりルサンチマン(うらみ)的な感情というのは、筆の進みがいいな、ということだった。 恨みや憎し … Continue reading

2017年7月21日
by ikki
0 comments

iki0242|バッドエンドが楽しめない

私の中で、どうしてもぬぐえない、物語への傾向がある。ハッピーエンドでない物語への評価が数段低くなる。というか、あらかじめわかってるなら読む気になれないレベル。 「東京バビロン」というマンガを中学生くらいのころに読んでいて … Continue reading

2017年7月19日
by ikki
0 comments

iki0240|二人目子育ては難しい。

それにつけても、2人め子育ては難しい。 1人めと同じ育て方が、通用しない。 始める前に苦手意識を持たないこと 努力の価値を信じられること 引用元:iki0228|子供の教育 | イキブロ みたいなテーマも、どちらもうまく … Continue reading

2017年7月14日
by ikki
0 comments

iki0238|スポーツマンガにまつわるエトセトラ。

筋トレ前に、スポーツマンガを読んで、「今までより上の動きに挑戦しているワクワク」を味わっておくと、限界の高負荷に向かい合うときにポジティブに踏み込んでいける気がする。 (ちなみに、前に読んだのはベイビーステップだった) … Continue reading

2017年7月10日
by ikki
0 comments

iki0234|「がんばって」賛歌

人が他人にかけられる気づかいの細かさは、文字数に比例する。極小範囲付近においては特に。 だから、メッセージカードなどのように紙幅が限られているときには、言語では個性の出しようもない。 困っている人がいて、その人に届けられ … Continue reading

2017年7月7日
by ikki
0 comments

iki0233|ジムの効用はあるか

昨日もジムの話をちょっと書いた。 「筋トレと言ったら、ジムに行かなきゃならないのか?」というのは、ひねくれものマインドを持つ人間にとっては、当たり前の反応の一つ。 「英語勉強しなきゃ」と言って、とりあえずスクールに申し込 … Continue reading

2017年7月6日
by ikki
0 comments

iki0232|筋トレとして、ジムに通っている。

私は、怖い仕事をするときには、甘いものを食べながらやるし、簡単な作業なのに、いまいち脳がピリッとしないときには、糖分を補給しながらやっていたりしますから。ヾ(-_-;) 引用元:iki0231|凹んだ感情の補償 | イキ … Continue reading

2017年7月5日
by ikki
0 comments

iki0231|凹んだ感情の補償

子供を育てていると、よく子供が感情の補償を求めてくる場面に遭遇します。 たとえば、そろそろ宿題をやらないと時間帯的にまずいのに、テレビを見ている。何回か、「そろそろやろうよ。まずいよ」ということを伝えているのに、まだズル … Continue reading

slooProImg_20150218083058.jpg

2015年2月18日
by ikki
0 comments

iki0173|自分の子供にこんなことができるとは。

ペンダントライトの常夜灯が切れた。 常夜灯(オレンジ)を変えるには、まず蛍光灯全体を包んでいる、カバーの下半分を取り外さなければならない。 「これ絶対ほこり降ってくるよな……」 と、ぶつくさ言いながら、仕方なく豆球を変え … Continue reading

Livefyre Not Displaying on this post