イキブロ

いっきの「生き方」探求ブログ。ライフハックメモ、カイゼン日記。そして初心なんかの恥ずかしいメッセージ。さあ、人生を再発見しよう。

iki0115|「書く気持ち」のモードが変わったらブログも改装しよう。ブログ改造中です。

| 0 comments


皆様、ブログを更新していて、大幅にレイアウトを変更したくなるのは、どんな時でしょうか?
さあ! またブログ書こう。

おはようございます。
いっき(@ikkiTime)です。

最近、ブログまわりをいじっています。
PC表示時のサイドバーをシングル→ダブルカラムへ変更してみました (やり方が分かりました)。
そこに、オススメ記事の表示するプラグインを組み込んでいます。
プロフィールページも更新中です。

これまでにも、このブログではプラグインを入れたり外したり、実験しながら進めていましたが、今回は見た目の変わり具合ががちょっと大ががりですね。

実は、これらの調整は「自分でこのページを開けた時に、『あっ、そうだ。俺こんな風に活動していいんだ』と感じられる」ようにしたいからなのです。
工房 兼 舞台。
ガレージ・イズ・マイステージ♪

コンセプト『どんなことについて書く人なの?』に答えたい


1. 今までの自信作も探しやすく!


このブログの文章を書く時は「読んだ人の内側に、“心の声” のように無理なく届いてほしい」と考えながら書いています。

自分で読む場合で言うなら、「好調な時の自分の思考を『真空パック』にしておいて、その気分を思い出してシンクロしたい」ということを考えます。

そんな “心象風景” を邪魔したくなかったこともあり、今までは『書いたもの』特に『1番新しく書いたもの』をまず見てもらうためのページレイアウトにしていました。

サイドバーのメニューは控えめだったのです。
(サイドバーは、スマートフォンで見ると、縦にひたすら長くなっちゃいますしね)

ただ、これだけだと『自分がどんな記事を書いてきた人なのか』がザッピングしにくくなっちゃうんですよね。

最近は、直近に書いた記事と同じくらいに、過去に誰かにお褒めいただいた記事からも、いっきやイキブロのことを知ってほしいと思うようになったので、今回サイドバーの拡充へと発想がいたりました。

また、もうひとつのサブテーマとして、

2. 演目と役者の乗っかる “場所” としてのブログを用意する


ということも考えました。

読んだらワクワクできるような、言いかえると、「イマイチ気分がのらないなあ…」という時にアクセスすると、ちょっとだけ元気が出てくるような、何か「未来にワクワクを期待できる」感じを、トップページに作りたかったのです。

個別ページには個別ページの意味を、トップページにはトップページの意味を持ってもらう。

ちゃんと過去がある。そして現在も活動中で何かをしようとしている。

だからこれからも、
そこに行けばいっきに会える。
見守ったり応援したりもできる。

自分も、行きづまったときにそこに行けばも「ブロガーとしての自分」に戻れる!

そんな風に感じられることを目指しております。

そして「いいブログ」から「ブログで、何を」を考える


さらに、そんな風に考えるようになった背景には、

『(良い)ブログを作りたい』という感じで、今まではブログを作ることそのものが目的だったのを、
『(○○○できる)ブログを作る』ということを考え始めたことも遠因にあるでしょう。

個々の記事での方針はもちろんとして、「どんな記事をなぜ私は書くのか」というコンセプトも、ちょっと背負ってみようと考えることが出てきたです。

全部の記事でではないとしても、自分の書いた物がちゃんと誰かの役に立つんじゃないかというイメージを持ちたくなったのです。

後記


テンプレートやレイアウトについては、まだできれば、まだ各カラムの横幅に余裕を持たせられるようにしたいとか(PC表示時の最大横幅を広げたい。できれば、サイドバーをトップ画像の下でなく右に出したいのですが)、記事をグリッド表示というかタイルっぽく並べたいとか、希望はまだあるのですが、このあたりはまだいじり方が分かりません。

本買って、基礎から一度学ぶしかないかな?

今日もありがとう。

ではまた、どこかで。

Posted from するぷろ for iPhone.


→ 他の記事も読んでみる(ランダムにジャンプします)。
→ イキブロ | いっきの「生き方」探求ブログ | Top へ。

0 comments