イキブロ

いっきの「生き方」探求ブログ。ライフハックメモ、カイゼン日記。そして初心なんかの恥ずかしいメッセージ。さあ、人生を再発見しよう。

iki0053|イキ・ナンバーは検索可能か?

| 0 comments


iki0050 で、このブログのタイトルに付いている通し番号について、語ってみました。
そこで、この番号を単独で検索エンジンにかけるとどうなるでしょうか?
実験してみましょう!

おはようございます!
いっき(@ikkiTime)です。

iki0050 (iki0050|ブログ記事タイトルに通し番号を付けてみる)で私は最後にこんなことを書いています。

毎日書きながら目にしていることで、なんだか自分で「モーツァルトの “K” 番号」みたいな気分にもなれるという、副次的な作用もございます(笑)。

引用元:iki0050|ブログ記事タイトルに通し番号を付けてみる

また、通し番号が2桁や3桁ではなく、4桁であるのは、Wordpressの記事番号の代替としての機能も期待されていたのだと思います。
(いや、自分のこととは言え、過去のことなので記憶があいまいで)

WordPressでは、更新によっても記事番号が払い出されるので、記事本文中で《続きは明日の記事で》と言った時に、その記事番号が単純に、「 +1」した記事番号になっているとは限らないのですよね。

さて、そんな意図があったとすれば、番号を元に記事を探せなければ意味がない!
ということで、やってみました!

iki0001からiki0050まで50記事分のイキ・ナンバーをGoogleから検索してみました。

50記事分のイキ・ナンバーの検索結果は?!

検索1位だったもの……43
検索2-3位だったもの……6
検索初ページ外……1
となりました。

おお、意外といいんじゃないでしょうか?!
検索1位が43。

ちなみに、検索2-3位だったものの内訳は以下のとおりです。
0001:2位
0007:2位
0008:2位
0012:3位
0016:2位
0021:2位
また、iki0048 (iki0048|サラリーマンはブログで、仕事のことについて、何を書き、何を得られるか?)は初ページに入れませんでした。
うーん、なぜでしょう?
意外。

検索2-3位だった7記事の紹介


さて、いい機会なので、検索で順位2-3位だった7記事を、ここで皆様とともに振り返ってみようと思います。

さて、何か傾向はあるでしょうか。

iki0001|ブログ始めます。一日5分の自分革命。

記念すべき最初のポスト。
この時の勇気があったからこそ、今回の0053もあった。
とは言え、「一日5分」からは、現在かけ離れてしまっています。15分で書けることすら滅多になく、ほとんどの場合、
1時間近くかかっているような状態ですので。

では次。

iki0007|何をブログに書くか?

結構、気に入っている記事です。
初心者がいきなり自分のブログ論を書くという、ある意味ではサムい姿をさらしていますが、メッセージとしてはピュアで熱くて、過去の自分なりにいいこといってるな、なんて思ったりします。

iki0001に続いて、タグが1種類しか付いていない記事が来ました。
これが傾向なんでしょうか?

次を見てみましょう。

iki0008|個別記事のパーマネントリンク問題

WordPressマニュアルにも書いてあるような内容に、形通りに引っかかっています。

ちょっと恥ずかしいですね。

でも、初心者の頃って「自分の直面している問題」が、「ここに書かれている問題と同じかどうか」も分からないし、そこに書かれている解決方法のツール や機能(FTPソフトとかサーバーのユーザーパネルとか)すら、まだ触ったことがなかったりするせいで、周り中が恐すぎて、一歩も動けなくなったりすることもあるんですよね。

だから、本当は恥ずかしがらなくていいし、あそこを乗り越えられて本当によかったと思います。

この記事はタグが2つですね。
では次の記事は?

iki0012|週末や休日には記事の更新を控えてブログシステムや外観を調整してみる

この方針そのものは、現在も踏襲していますけど、最近は更新に全力投球しすぎて、休日はばったり、という感じですね。
少し、この頃の熱意を見習いたい。

勘違いもあるようなので、システム周りが落ち着いたら訂正を出したいですね。

iki0016|悩みを紙に書き出すと解決する?

「心構え」的な要素が強くて、「楽しめない」という人もいるかもしれない回。
悩みの列挙そのものの部分は特に。
ただ、人となりを描き出すためと、あとで振り返った時にこの頃の自分がどう見えるか、というブログとしての可能性を広げていくために、踏んでおきたいステップだったのですよね。

タグ数はあまり関係ないのかな?

iki0021|どんな思いを届けたいか?

その時考えていたこと、触発されたことをストレートに出してみた記事。

プロフィールページで書いているような「再発見」というキーワードにしてもそうだけど、「いま現在、元気が出ていない人、希望を持てていない人を助けられる言葉を忘れたくない」という、今につながる気持ちが、この時から見えている気がします。

どうしたら、人は復活できるのか。

まとめ (まとまらない)


うーん、思ったよりも統一した傾向がないですね。
単に「情報ソースでない記事は順位が低い」なんでしょうか?
別に情報を検索しているわけではなく、無機質な文字列を検索しているだけなんですが。

それに、そういう記事が「これだけ」というわけでもないですし。
検索エンジンも奥が深いですね。

後記


“検索で見つけやすくする方法” みたいなものを見つけて、みなさんとシェアできれば良かったのですが、そこまではいけませんでした。

でも、こうして “過去記事を一つ一つレビューする” というのも、なかなかいいものだと思いました。

たくさん貯まったら、ランダム・ジャンプを使って、時々やってみようかな。

今日もありがとう。

ではまた、どこかで。


→ 他の記事も読んでみる(ランダムにジャンプします)。
→ イキブロ | いっきの「生き方」探求ブログ | Top へ。

0 comments