イキブロ

いっきの「生き方」探求ブログ。ライフハックメモ、カイゼン日記。そして初心なんかの恥ずかしいメッセージ。さあ、人生を再発見しよう。

iki0050|ブログ記事タイトルに通し番号を付けてみる

| 0 comments


ブログを書いているみなさん、書き始めたみなさん、「ブログのある生活」の具合はいかがですか?

おはようございます!
いっき(@ikkiTime)です。

このブログの記事タイトルは、必ず “iki” という文字と、4桁の数字で始まっています。

これはどんな意図を持って付けているのでしょうか?
50回記念ということで、ちょっと語ってみようと思います。

記事タイトルに通し番号を入れる


これは誰が始めたことなのだろう。
一番明示的にやっていたのは、たぶん『日刊○○』だったと思うのですが、 (そう言えば、Posterous ってサービス終了するんですか? 涙。)

タイトルは毎回日刊ごりゅご。
末尾に数字だけ付いています(一記事ごとに数字を足していく。現在88)
数字付けると楽しいよ
この「数字を付ける」という行為、これが楽しいんです。
数字が増えてくのが楽しくて、毎日続けたくなるんです。内容はもうこれでもかっていうくらい「だいたい言いたいだけ」

引用元:Posterousのテキトー日記のススメ | ごりゅご.com

成果が絶対に出る

タイトルに数字を付ければ「絶対に」成果が出ます。普段は絶対なんて言葉は使いませんが、これは言い切れます。

だって、昨日より数字増えてるんだもん。

数字が成果です。

こんなわかりやすい成果はありません。

10回続けてニヤニヤしました。2桁到達とかオレすげー。一週間以上続いてるじゃん。

30回続けてニヤニヤしました。一ヶ月!オレすげー。

50回続けてニヤニヤしました。同じ事続けたら100回!オレすげー。

そして100回目前の現在。次の更新をすることを指折り数えてニヤニヤしています。

もうすぐ100回。オレめっちゃすげー。100だよ100!めっちゃすげーじゃん。

100回到達したくて、更新したくてしょうがない状態です。

引用元:ナンバリングの不思議とモチベーションという記事 | ごりゅご.com

タイトルに通し番号を入れることにした理由は、まさにここで言われている通りで、PVとか被リンクとか、コメントをもらえるとか、分かりやすい結果が出るまで、なんとかモチベーションを維持できる武器を持って、ブログ開設に臨みたかったのです。

ところで、私の場合は番号が末尾ではなく先頭に入っています。

ここはよく覚えていないのですが、自分の記憶の範囲では、「ブログのタイトルに通し番号を入れる」のは、「『日刊』」「Posterous」以外のブログでもあったような気がします。
また、数字も末尾だけでなく、先頭にもあったのだと思います。

自分にとって馴染みがよりあったのは、「『ブログ』で『先頭』に番号のあるものだったのでしょうね。きっと。

ブログのタイトルの先頭に自分を示す記号を入れる


私のブログのタイトルには、数字のさらに前に “iki” と入っています。

これは、実は、はっきりと [N] の影響ですね。

ただ、じゃあなんで “[I]” じゃないのか、と問われれば、“I” だと「ただの縦線三本」みたいに見えて視認性が低そうだとか、
「影響を受けている人が他にもいて」、結果、「文字の取り合いや早い者勝ちになった」時に、「“I” でかぶったら目も当てられない」とか、そういったことを考えたのだったと思います。

性格が、ギリギリのところで臆病というか、素直になれないというか、慎重なのですね。

“iki” の方が、それ単独でも、なんか意味があり気ですしね。
(その代わり、シンプルさでは劣りますけど)

でも、文字数で言ったら、“iki”も“[N]”も同じ3文字なのです。

両方とも入れてみる


ブログ開設の時に、私はこの二つをくっつけて、両方とも入れてみることにしました。
それで、このブログのタイトルにいつもある、 “イキ・ナンバー” が生まれたわけです。

毎日書きながら目にしていることで、なんだか自分で「モーツァルトの “K” 番号」みたいな気分にもなれるという、副次的な作用もございます(笑)。

さあ、いったいいくつまで増やしていけるでしょうか?!

今日もありがとう。

ではまた、どこかで。


→ 他の記事も読んでみる(ランダムにジャンプします)。
→ イキブロ | いっきの「生き方」探求ブログ | Top へ。

0 comments