イキブロ

いっきの「生き方」探求ブログ。ライフハックメモ、カイゼン日記。そして初心なんかの恥ずかしいメッセージ。さあ、人生を再発見しよう。

iki0168|もっと小さなエントリでブログを書くべきかもしれない。

| 0 comments


つい、読みごたえやカタルシスや表現の精度を高めたくなって、自分でハードルを上げてしまう。
そして、ブログが何ヶ月もご無沙汰になったり、自分への期待値が自分で高まりすぎて、精神が疲れたりする。

もっと小さいブログを書く。


「まだブログ初期だからこそ、高品質なものを残したい」という発想と、「初期だから、数を書き続けることが大事」という考え方。
両方持っているし、両者がせめぎ合う。

それでも、自分が購読しているぶろブログの皆さんを思い返しながら、「エントリが、毎回ちゃんと『新しいライフハック』に、なってることにこだわらなくていいかも」とも、最近は思うようになっている。
生活のみずみずしい断片だったり、問題提起だけが切り出されたり、模索の過程そのものの記録だといった。

ただ、「お役立ち」にならない文書を楽しんでもらうには、より高度な“芸”が必要なんだろうとも思う。
しかも、「自分らしい」芸が。

私の何を、どんな風にブログに書くか?


それはまだ見付かってはいないのだが。

どうすれば見付かるだろうか? 私らしさとは何だろうか?
まあそれも、「書き続ける中でしか見付からない」ものだろうとは思う。それでも、問題意識を頭の中に置いていなければ、手だけをいくら動かしても見つからない。

疑問に始まり疑問に終わる。
感情を沈静化させるために、書くブログ。感情の整理学。伝えるためではなく、共に何かを考えるための文章。

そんなことを先日アウトライナーアプリを動かしながら思ったのだった。
今回のエントリも、そんなシサクとシコウの経緯なのだ。


→ 他の記事も読んでみる(ランダムにジャンプします)。
→ イキブロ | いっきの「生き方」探求ブログ | Top へ。

0 comments