イキブロ

いっきの「生き方」探求ブログ。ライフハックメモ、カイゼン日記。そして初心なんかの恥ずかしいメッセージ。さあ、人生を再発見しよう。

iki0100|自分のブログの過去記事を読んでみた。〜「いい『氣』」を書きためよう〜

| 0 comments


ブログをお書きの皆さま。自分が昔に書いた記事に励まされたり、「おお、いい記事だなー」なんて、感心しちゃったことありますか?

おはようございます!
いっき(@ikkiTime)です。

イキブロの記事も、とうとう、ようやく、100に届きました〜!!

やあ、嬉しいです。
長かった……。

「100」というと、なんか「3ヶ月ちょっと」っぽく見えてしまいますが、それは週末も祝日も休まずに更新した場合の話で、私のように『平日更新ブロガー』だと5ヶ月弱かかるのですよね。
しかも、年末年始とゴールデンウィークが両方はさまったりなんかすると、さらに達成は遠ざかるわけで……。

いやはや。
長かった。そして、感無量です。
よく、途中で投げ出さずにここまで続けてこれました。
よかったー。

……、これが《自分励まし》や《自分慰め》と同じく大切な、《自分お祝い》です! なんちゃって。

気持ちの乗らない時に、自分の過去記事に励まされることもある


先日、iki0098 (iki0098|ブログの更新に間が空いてしまったときにどうするか? 4つの不安に対処する方法)を書いている時に、関連記事をまとめようとして、「あの記事、何だっけ?」と自分のサイトを検索しておりました。

で、iki0007やiki0017やiki0037を読み返して、ピックアップすることにしたんですが……。

それを読み返した時に、
「ああ、いいこと書いてあるなー」
「気持ちに入ってくるなー。いい記事を書いている人がいるんだなー」
なんて気分になっていました。

自分で書いた記事なのに?


そう。
自分で書いた文章なのに、です。

考えてみれば、iki0007なんて、開設してまだ間もない頃に書いているわけですから、書いてからもう半年近くがたっているわけです。
半年あれば、記憶は曖昧になりますし、人間の中身だって変わっていきます。

だからこうして、色々な思いを日々書き残しておくと、「自分と自分の対話」みたいなことが起こりうるわけですね。
(記事数がまだ6つしかたまっていない段階で、己の“ブログ論”を語ろうと考えていた、痛々しさはさておき……)

だから、 よい「気」を届けられる記事を書く


ここで考えておきたいのは、当時の自分が、

力を貸したい誰かに向かって書く
例えばこの記事はどんな人に向かって語りかけているでしょうか?
私と同じく、ブログを更新することに必死な人?
少し前の自分のように、ブログを書き始めたいけど、あれこれ考えてまだ踏み出せない人?

引用元:iki0007|何をブログに書くか?

と書いていて、「つたないレベル同士なりの相互扶助」のような形で、誰かを励ますために記事を書いていた、ということです。

それが回り回って、今の自分を励ましてくれる。
そんなことが起こるのですね。

もしそうであるならば、できる限り、自分のブログは、読んだ人が元気な気持ちになれたり、清々しい気分になったりできる、そんな記事を集めておきたい。

そんな風に思いました。

自分の好み100%雑誌としての自分のブログ


お気に入りの写真がいっぱいセンス良く並んでいて、元気のない時にパラパラと見ていると、それだけで少しだけ気分が上向いてくる、そんな雑誌が誰しもあるんじゃないかと思います。

私の妻の場合だと、ガーデニング系の雑誌だったりアンティークな雑貨の載っている雑誌だったりするようです。
私の場合だと、文房具の特集号や手帳やノートの特集号をながめていてうっとりできます。(ぉ

(みんなが、それぞれ精一杯に「使いやすさ」とか「便利さ」を追求した成果の発表会みたいで、見てると元気が出るんだよ! ( ̄Д ̄)ノ
人類の善性と叡知を積み重ねた歴史が、そこにはあるのです!)

自分のブログがそんなお気に入り雑誌の“文字版”になってくれたら嬉しい。
そんな風に今回感じたわけです。

自分のブログをお気に入り雑誌の“文字版”にしていく


いい雑誌を作る。良い『気』のいつも流れているブログを作る。

そうなると、やはり「好きなものを、自分がどんなにか好きなのか」を書いていくことが重要なのかな、と思います。

気に入っているものや好きなことの、どこがなんで好きかを書く。
気に入った記事を見かけたら、賞賛してエールを送る記事を書く。

また、世の中には「気に入らない」ものの方が多くて、そしてそういうものの方がどうしても目につきやすい。

だから例えば、
「混んでいる電車が嫌いだ」と思ったなら、それをそのまま発信するのではなく、
→「つらい満員電車の中でも、○○している人を見かけるのが好きだ」
というメッセージに変えて書いてみるとか。

そうやって、「いい気」や「清い気」、あとは、勇気とか向上心とか、そんなこの世の『いいもの』を、自分のブログに貯めていく。
そんなことができたら、 (「未来の自分」を含めた)多くの人の役に立つのではないか。そんな風に思ったのです。

今日もありがとう。

ではまた、どこかで。

Posted from するぷろ for iPhone.


→ 他の記事も読んでみる(ランダムにジャンプします)。
→ イキブロ | いっきの「生き方」探求ブログ | Top へ。

0 comments